【リメイク】プリント座面激安スツールをバットジョイントのパイン材でリメイクDIY

【リメイク】プリント座面激安スツールをバットジョイントのパイン材でリメイクDIY

Amazonで購入したスツールが座ったら思ったより座面が小さくて短時間ならいいのですが

私にとっては長時間座るのにはしんどかったのでリメイクしてみました。

 

購入したスツールは【永井興産 NK-113 ヴィンテージスツール】になります。

created by Rinker
永井興産(Nagai Kousan)
¥1,900 (2020/10/21 19:45:37時点 Amazon調べ-詳細)

値段も安いため、最初から品質はそこまで求めてませんでした。

というか足があれば最悪座面は自分で作ればいいかと思い購入しました。

 

似たような背もたれ付きの商品もあるのでこちらもカフェインテリア等にするにはいいかと思います。

 

実際届いた商品になるのですが、MDFの合板に座面はプリントシールを貼り付けてテカりのある値段なりのクオリティといった感じでした。

最初にも書いたように座面自体のサイズが少し小さく、座るとお尻が少しはみ出るので長時間座ると痛くなってくるんですよね。

ただサイズ感は女性の方ならちょうどいいサイズではあるとは思います。

 

 

という事で当初の通り?座面を製作していきましょう。

ちょうどバットジョイントのパイン材の残りがあったため使用しました。

厚みが25mmの板を使用しています。

Advertisement

まず今ついている座面より一回り大きく型を取りました。

型を取った道具はちょうどいいサイズ感のものを探したらプランターがちょうど良さそうなのでスプレーを使って型取りしています。

後はそれに合わせてジグソーを使用して丸型に取っていきます。

 

 

ちなみにジグソーはRYOBIのDIYシリーズで使いやすく値段も安いこの型使っています。

created by Rinker
リョービ(Ryobi)
¥6,248 (2020/10/21 19:45:38時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

外周は+4cmほど大きく取ってみました。

 

 

重ねてみた感じではこんな感じになります。

 

 

カットしたまんまだと角が立つのでペーパーヤスリを使用して角を丸めていきます。

後は塗装の足付けの為に座面表面も一緒にヤスリがけしていきます。

 

後は好きな色を塗装していきます。

我が家ではウォルナットのステインが残っていたのでそれを使用しています。

下記写真は1度塗り目の様子です。

最終的に3度重ね塗りをしてボロ布を使用して表面を磨いていきました。

カラーは好みがあるので、塗り回数で調整して好みのカラーになるまで塗ってくださいね。

 

 

後は表面にニスを塗って完成になります。

ニスを塗ると深みが出てくるので艶あり艶なしは好みですがぜひ塗ってくださいね。

 

最初の座面に比べると安物のテープ感なテカりはなく高級感が出たような気がします。

座面の大きさも大きすぎずちょうどいいサイズになって非常に座りやすくなりました。

DIYカテゴリの最新記事